カウンセラー、コーチ、セラピスト、占い師、ヒーリングなどのメンタルビジネスをサポートします。
  
  

タコ殴りの予感

2004年06月16日

たつやんです。


「そこまで俺をイジメなくても・・・」


まさに泣きっ面にハチです。うちのスタッフから冷たい視線を浴びています。
ホント涙でそう・・・


 そういえば、最近は冷たい視線Tシャツなんてあるそうです。



ことの発端は、前回のこのメルマガでした。


今週金曜日(6/18)に発売を予定している


「BICSカードで見つけよう!
 30日で売れるトップ☆カウンセラーになるワーク」


の先行販売をメルマガ読者限定で、しかも5,000円の割引
で行ったのです。(覚えてますか?)



定価27,800円という価格設定なのですが、元々は44,800円にしよう
と考えてました。内容を見てもらったうえで価格アンケートを行った
結果、その価格が一番売れるという結論が出たからです。


スタッフも、うちと付き合いが深い経営コンサルタントも44,800円に
賛成だったのですが、私がストップをかけました。


「ちょっとまってくれ」と


経営者が自己投資のために44,800円出すのは、それほど高くない
かもしれないけど、これからカウンセラーになろうとしている
学生さんやサラリーマン、主婦にとっては、ちょっと高すぎるん
じゃないの?
今はそれほどお金に余裕はなくても、これからがんばって稼ぎた
いという人を応援したいから、もっと安くならないの?



  「私」 vs 「スタッフ+経営コンサルタント」


という構図で喧喧諤諤と議論を戦わせた結果、27,800円という
採算ライン+αの値段に落ち着き、発売日も6月18日(金)に決まり
ました。



全てが決まった後で、私がスタッフのまっちゃんに尋ねました。


私「メルマガ読者にはお世話になったから、先行販売していいかな?」


まっちゃん(ま)「そうすね。お世話になったことだし当然すね。」


私「読者限定の割引もつけようと思うんだけど・・・」


ま「えっっ・・まだ安くするんすか?」


私「読者限定で期間限定だし、それほど申し込み数があるわけじゃなから」


ま「しょーがないなー、好きにやってください」



というわけで、
お世話になったこのメルマガ読者様限定、期間限定で5,000円引きという破格
の値段で受付を開始したのが6月13日(日)。


10人ぐらい申し込みがあればいいかなぁ・・・と思って、月曜日にメール
ボックスを開けてビックリ。50人近く注文が入っているじゃないですか!


「がんばってメルマガ書いてて良かった・・・」って
その時はじみじみ本気で思いました。



が、しかし。調べてみてわかったのですが、
某掲示板に限定受付サイトのURLが漏れていて、そこからの注文がほとんど
だったのです。


全部読者からだと思ったのに、トホホ・・・ですね。
(実際のところ、読者の方からの注文は10件ちょっとでした)



しかし、悲劇はそれで終わりませんでした。


スタッフのまっちゃんは叫びました。
「40人に5,000円割引って・・・えーっと・・・20万円じゃないっすか!
 ああっ俺の月給分以上が1日でパァに・・・」



というわけで、それ以来スタッフに冷た〜い目で見られています。
たくさんの方に申し込んでもらえて、私自身はとても嬉しいのですが、
まっちゃんはすっかりオカンムリです。


暑い日が続くし、冷たい視線もわるくないか・・・なんて強がっている
余裕はありません。しかも、割引期間終了まであと2日もあるのです。
あと2日だけ頑張ります。スタッフの白い目にも耐えます。
でも、それ以上は勘弁してください。


この割引期間が終わったら、もう2度と5000円も割引することはありません。
(そんなことしたら私がタコ殴りにされてしまいます。)


  「BICSカードで見つけよう!
   30日で売れるトップ☆カウンセラーになるワーク」
   http://www.1derful.jp/edu/010001.htm



◆相談所は専門分野を広く取っていた方がいい?


前回のメルマガでこんな話をしました。


******************************


さて、しつこく「専門分野を絞ることが大切」と言っているわけですが、
こんなご意見も頂きます。


「私は自分でネットカウンセリングはまだしていませんが、自宅にカウン
 セリングルームを開設してカウンセリングをしています。
 受付相談内容(専門分野)は多岐にわたりますが、私のような相談所でも
 専門分野を絞らないといけませんか?
 それだとお客さんが減るように思うのですが・・・・」
 


そのとおりです。
面談でカウンセリングを行う相談所を開設されている方、あるいは勤務
されている方が専門分野を絞るとお客さんを減らす可能性が高いです。
だから、面談の相談所は専門分野を広く取っていた方がいいケースが
多いと思います。


しかし、ネットカウンセリングで同じことをしてもお客さんは来てくれ
ません。


・・・・それには、ネットならではの理由があるのです。


******************************


というわけで、今日は「ネットならではの理由」についてです。


なぜ、ネットカウンセリングだと「専門分野」を絞らないといけないのか?
もっと言えば、なぜネットカウンセリングだと「その分野のトップ」でなけ
れば売れないのか?


歯医者さんで考えてみましょう。



ようこそ
「バックナンバー目次」
(↑ここをクリック)


このブログは、メルマガ「売れる!ネットカウンセラー成功講座」のバックナンバーがメインです。
ブログを読んで気に入ったらメルマガも登録してくださいね。


(「Ctrl+D」でもお気に入りに追加できます)
プロフィール
倉橋竜哉(たつやん)
仕事では、皆さんから「たつやん」と呼ばれています。

私は以前、インターネットショップのコンサルタントをしていました。

化粧品や雑貨などの販売店が運営するネットショップをサポートするのが当時の私の仕事です。いくつかのインターネットショップのサポートをする中で、ある恋愛専門のカウンセラーから「カウンセリングをネットでできないの?」と言われたのが、そもそものネットカウンセリングとの出会いでした。

その恋愛カウンセラーのために、実際にネットカウンセリングのサイトを立ち上げて運営していく中で、恋愛相談だけでなく「どうやったらネットカウンセラーになれるの?」というお問合せもいただくようになりました。

 「ネットカウンセラーとして独立開業したいという人がいる。そして、ネットカウンセリングサイトを立ち上げた私の経験が求められている。」

そう感じた私は、メールマガジン「売れる!ネットカウンセラー成功講座」を発行し、ネットカウンセリングサイトを立ち上げる経緯で得たノウハウ、経験、そして多くの失敗談を皆様にお伝えしてきました。

メルマガを発行していると、「実際にネットカウンセラーとして独立するためのサポートをして欲しい」という声をいただくようになり、日本ネットカウンセリング連絡会を立ち上げました。日本ネットカウンセリング連絡会とはネットカウンセラーのビジネスを支援している団体です。

また、お客様向けの窓口として様々な分野のカウンセラーが集まったカウンセリングポータルサイト「さぱりメント」を運営しています。

おかげさまで、さぱりメントでは各専門分野から20名以上のカウンセラーをはじめ、コラムニスト、メルマガ発行者、掲示板やブログの運営者、レッスンプログラム提供者、セミナー講師など多くの方が参加し、活発に活動するコミュニティーになりました。

プライベートでは、山登りやキャンプ、パラグライダーなどアウトドアで活動することが大好きです。初対面の集まりでも割と楽しく参加できる方なので、アウトドアのイベントなどありましたら気軽にお誘いいただけると嬉しいです。
リンク集
恋愛相談カウンセリング
おすすめメルマガ
今すぐ登録しよう!
無料メールマガジン

「売れる!ネットカウンセラー成功講座」

メールアドレス:


メールマガジンまぐまぐ
当講座では、ネットカウンセラーとして、独立・開業して収入を得るための「売れる」「稼ぐ」方法について講座を連載していきます。

在宅ワークとしてや個人で独立してカウンセリングを行う方におすすめです。少ない予算で誰でもすぐに始められる秘伝の方法をご紹介します。


さぱりメント文庫
ド素人のためのネットカウンセラー超入門
ネットカウンセラーとして独立するにあたって、失敗しないための独立開業のステップを紹介しています。まったくの初心者でも一番最初に何をすべきかがわかります。



未来のトップカウンセラーに贈る10の手紙
ネットカウンセラーとして独立開業する際、トップカウンセラーになるためのメソッドや絶対に押さえておきたいポイントを10つのメッセージに分けてご紹介します。