2003年12月

たつやんのゆく年くる年

2003年12月30日

たつやんです。


いよいよ明日で今年一年が終わりますね。早いものです。
今日は今年最後のメルマガということで、特別号としてお送りします。


さて、来年はどんな一年を過ごすか予定はもう決まりましたか?
皆さんそれぞれに、夢や目標をお持ちだと思います。
それをどんなステップでいつ実現させますか?


以前このメルマガでもお話いましたが、私の尊敬する人に
ワタミフードサービスの渡邉美樹社長という方がおられます。


    渡邉美樹社長は新著を出されたようですね。「ワタミの成功を生んだ人間哲学の原点」



その方の有名な言葉に「夢に日付を入れる」というものがあります。


つまり、夢を実現させたいなら、その夢を達成する日付を決めて
書き出しなさいということです。


あなたの夢に日付は入っていますか?
そして、それを実現させるために何をすべきか明確になっていますか?


・・・なんてたいそうなことを言ってしまいましたが、
要は「来年一年をどんな風に過ごしたいのか?何を達成したいのか?」
それを来年の予定表に書き込みましょう!ということが言いたいわけです。


でも、夢や目標はあるけど、来年のことなんてわからないし予定なんて
つくれない。って方もおられると思います。



そこで今日は、参考までにたつやんオリジナルの「来年の予定表」の
作り方をご紹介します。





好き?嫌い?好き?

2003年12月23日

たつやんです。

 

昨日は冬至でしたね。柚子湯には入りましたか?
関東では、朝晩とても冷え込みますが、昼間はポカポカしたいい
陽気の日が続いています。

 

    ところで、ゆずクッキーってご存知ですか? >「柚子クッキー」

  食べてみたい・・・

 

お待たせしました。
今回は久々の「突撃!たつやんが行く 成功者インタビュー」も
あります。どうぞお楽しみに。

 


◆突撃!たつやんが行く 成功者インタビュー

【第5回 「モエル株式会社」 木戸一敏さん  in 大和出版】

元トップセールスマンが自らの営業ノウハウをコンテンツ化して販売している。
それもめちゃくちゃ売れてるらしい・・・

モエル株式会社の社長である木戸 一敏(きど かずとし)さんの肩書きは
とてもユニークである。
名刺には「高確率セールス構築士」「脱下請け必勝システム構築士」そして
「9階から落ちても生きていた強運の男。こうみえても元ギターリスト」の
3つの肩書きが書かれている。

さらにユニークなのが今年8月に出版した著書
「営業マン必見!小心者の私ができた年収1200万円獲得法」という本だ。
強靭な精神力が必要と言われる営業でなぜ小心者が年収1200万円も稼ぐことが

できるのか?タイトルだけで十分興味がそそられる。

木戸さんは「営業マンのためのカウンセラー」と言っても過言ではない。
自分の得意分野をコンテンツ化したきっかけは?その極意は?

続きはこちらをごらんください↓
http://www.1derful.jp/system/tatsuyan/success05.htm

 

 


◆ さらっと前回の復習

前回は「未来日記を作ること」についてお話ししました。

お客さんへのサービス、つまりカウンセリングが終わった時点で、そのお客
さんに対して今後どのようなアプローチをするのかということを決めておき
ましょう。という話でしたね。

顧客データベースと言っても、単に個人情報を記載した名簿を作るだけでは意
味がありません。そのデータを未来にどう生かすかが大切なのです。
この未来日記を持つか持たないかでリピート率が大幅に変わってきます。

ところで、なぜ「カウンセリングが終わった時点」なのでしょう。
「カウンセリングを開始した時点」、あるいは「カウンセリングの申し込みが
あった時点」ではいけないのでしょうか?

そのことについては今日お話します。




「未来日記」を作ろう

2003年12月17日


たつやんです。


前回お伝えした「突撃!たつやんの成功者インタビュー」ですが、編集の
都合で公開が1週間延期になってしまいました。
楽しみにしていた方、本当にゴメンナサイ。いましばらくお待ちを!



それから、読者の方から「例の煮卵の隠し球の話どうなったの?」という
メールをいただきました。前回インタビューの話に夢中になってすっかり
忘れてましたね。重ね重ねすみません。


ブランド価値を上げるために、利用者を「感動」させるには、
「予期せぬ驚き」を与えてあげることが有効という話でした。


  ブランド価値ということについては過激なサイトがあるので覗いてみては
  いかがでしょう>「NECのブランド価値は400億超もあるのか?」


そのためには「隠し球」を用意しましょう・・・でしたね。


その「隠し球」でより効果的驚いてもらうには・・・
どうしたらいいと思いますか?





収入を安定させるには

2003年12月09日

たつやんです。


ひさびさに「突撃!たつやんの成功者インタビュー」に行って来ました。


       このコーナーだけを楽しみにしてます・・・


なんて読者さんもおられるので気合が入っています。(妙な気分ですが)


しかも今回はすごいコンビ(つまり2人)です。



「2003年 もっともメルマガ界を荒らした大賞」というのがあれば、
1,2フィニッシュはまず間違いないでしょう。



その2人とは・・・


 


 「小心者の私ができた年収1千万円獲得法」の木戸一敏さん と
 
 「パワーライティング塾 」の沼田裕さん です。



おおっーというどよめきが聞こえてきそうですね。
このメルマガの読者さんなら、2人のメルマガを読んでる人や、名前だけでも
目にしたことがある人がほとんどではないでしょうか?
現在出ている発行部数の多い、いわゆるマンモスメルマガのほとんどは、彼ら
2人の息がかかっているといっても過言ではありません。


しかもこの2人、パワーの相乗効果がすごいんですね。


 1+1 = 2 じゃなくて
 1+1 = 1000000 ぐらいある。ホントに。
 


ネットでコンテンツを提供・販売するならこの2人に学ばない手はないです。


予定では、来週号で木戸さん、再来週号で沼田さんのインタビューを紹介させ
ていただきます。


  もう1つ個人的に最近注目しているのがこのコンビ(どうなる?)


  →「ビッグプラネット 柴田善とコンビ」


 


そして、年明けにはさらにもう一人インタビュー決定!(誰だ?)


お楽しみに!


◆ さらっと前回の復習


前回は「カウンセリングのカルテ」についてお話ししました。
実際に恋愛カウンセラーの金沢竜之介が使っているヒヤリングシートの
テンプレートを公開させていただきましたが、結構好評のようで、多く
の方から「使っていい?」というお問合せをいただきました。
どうぞご自由にお使いください。


前回はそれと「料金体系」についてでしたね。
サービス・料金は複数、そして特別サービスを用意しましょう 
という話でした。





カルテを作ろう

2003年12月02日

たつやんです。

気がつけば、もう12月ですね。早いですね!

10歳の子供にくらべて、20歳の青年は2倍早く月日の流れを感じるそうです。
その根拠は、10歳の子供にとって1年間は人生の1/10であるのに対して、20歳
の青年にとっては同じ1年間も人生の1/20でしかないからとのこと。

その根拠が正しいかどうかはわかりませんが、年をとるほどに月日の流れを
早く感じるのは事実のようです。

さて、前回までブランドの話をしていましたね。
(なんか最近この前振りのコーナーに妙に気合が入っている私です)

 

「伝える努力の積み重ね」と「感動の積み重ね」は矛盾するなかで、十分な
PRをした上で、利用者を「感動」させるにはどうしたらいいのでしょうか?
という話でした。

別に難しいことはありません。
要は、利用者を感動させる「隠し球」を持っていればいいのです。

隠し球とは、利用者した人だけに伝えるサプライズ(驚き)のことです。
その驚きは、サービス自体の品質が高いことで与えられるのが一番ですが、
例えばちょっとしたプレゼント、アフターケア、親身な応対などでも発生
させることができます。

 「でも高品質なサービスを提供するのは当たり前じゃないの?」

当たり前です。でも提供者がそれを「隠し球」と意識しているかどうかで
ブランド構築のスピードが変わってきます。

 

    サプライズとは例えば、こんな記事を読むと

  実感としてわかりやすいのではないでしょうか?>「 サプライズ誕生日

 

例えば、ラーメン屋に行って普通に注文して、出てきたラーメンを食べると
しましょう。
何も知らないで食べていて、底の方から煮卵が出てきたらビックリしますよね。
私なら「えっなんで?これっておまけ?ラッキー」なんて思っちゃいます。
店を出たあと、知合いに会えばそのラーメンの話をすることでしょう。クチコ
ミが発生しブランド力が生まれるわけです。

もし、最初からメニューに煮卵入りっていうことが書いてあれば、驚きも何も
しません。オーダーどおりの物がくるわけですから。

「でもたつやんは、伝えることは事前に全部伝えろって言ってたじゃん」

ゴメンナサイそのとおりです。でも「隠し球」だけは例外なのです。
はっきり言って本来のサービス品質に関わらない小手先のテクニックかもしれ
ませんが、ここを間違ってしまうと非常にもったいないことになってしまいま
す。

一番最悪なのは、隠し球にすべきところをオープンにしてしまって、伝えるべ
きところを伝えられていない事です。実はこのパターンはよくあります。
隠し球にすべき点を「PRポイント」と勘違いしてしまうんですね。

隠し球はあくまでも付属品です。ラーメンで言えば煮卵みたいなもので、麺や
スープではありません。

「煮卵プレゼント」を大々的にPRしてもしょうがないのです。
本来PRすべき点は、スープや麺、お店の雰囲気など本質的な部分です。それを事前にお客さんに伝える必要があります。

その上でさらに驚きを付加させるのです。

驚きとは、「本来予期していなかったことが起ること」で生まれます。
あなたの提供するサービスにとって「驚き」の部分はありますか?
隠し球にできるサービスはありますか?

もちろん、あくまでも「隠し球」なので本来のサービスがダメなら意味があり
ませんのであしからず。

次回はその隠し球のパワーをより一層効果的にする方法についてお伝えします。




ようこそ
「バックナンバー目次」
(↑ここをクリック)


このブログは、メルマガ「売れる!ネットカウンセラー成功講座」のバックナンバーがメインです。
ブログを読んで気に入ったらメルマガも登録してくださいね。


(「Ctrl+D」でもお気に入りに追加できます)
プロフィール
倉橋竜哉(たつやん)
仕事では、皆さんから「たつやん」と呼ばれています。

私は以前、インターネットショップのコンサルタントをしていました。

化粧品や雑貨などの販売店が運営するネットショップをサポートするのが当時の私の仕事です。いくつかのインターネットショップのサポートをする中で、ある恋愛専門のカウンセラーから「カウンセリングをネットでできないの?」と言われたのが、そもそものネットカウンセリングとの出会いでした。

その恋愛カウンセラーのために、実際にネットカウンセリングのサイトを立ち上げて運営していく中で、恋愛相談だけでなく「どうやったらネットカウンセラーになれるの?」というお問合せもいただくようになりました。

 「ネットカウンセラーとして独立開業したいという人がいる。そして、ネットカウンセリングサイトを立ち上げた私の経験が求められている。」

そう感じた私は、メールマガジン「売れる!ネットカウンセラー成功講座」を発行し、ネットカウンセリングサイトを立ち上げる経緯で得たノウハウ、経験、そして多くの失敗談を皆様にお伝えしてきました。

メルマガを発行していると、「実際にネットカウンセラーとして独立するためのサポートをして欲しい」という声をいただくようになり、日本ネットカウンセリング連絡会を立ち上げました。日本ネットカウンセリング連絡会とはネットカウンセラーのビジネスを支援している団体です。

また、お客様向けの窓口として様々な分野のカウンセラーが集まったカウンセリングポータルサイト「さぱりメント」を運営しています。

おかげさまで、さぱりメントでは各専門分野から20名以上のカウンセラーをはじめ、コラムニスト、メルマガ発行者、掲示板やブログの運営者、レッスンプログラム提供者、セミナー講師など多くの方が参加し、活発に活動するコミュニティーになりました。

プライベートでは、山登りやキャンプ、パラグライダーなどアウトドアで活動することが大好きです。初対面の集まりでも割と楽しく参加できる方なので、アウトドアのイベントなどありましたら気軽にお誘いいただけると嬉しいです。
リンク集
恋愛相談カウンセリング
おすすめメルマガ
今すぐ登録しよう!
無料メールマガジン

「売れる!ネットカウンセラー成功講座」

メールアドレス:


メールマガジンまぐまぐ
当講座では、ネットカウンセラーとして、独立・開業して収入を得るための「売れる」「稼ぐ」方法について講座を連載していきます。

在宅ワークとしてや個人で独立してカウンセリングを行う方におすすめです。少ない予算で誰でもすぐに始められる秘伝の方法をご紹介します。


さぱりメント文庫
ド素人のためのネットカウンセラー超入門
ネットカウンセラーとして独立するにあたって、失敗しないための独立開業のステップを紹介しています。まったくの初心者でも一番最初に何をすべきかがわかります。



未来のトップカウンセラーに贈る10の手紙
ネットカウンセラーとして独立開業する際、トップカウンセラーになるためのメソッドや絶対に押さえておきたいポイントを10つのメッセージに分けてご紹介します。