2007年02月

「伝えたい!」と自分に約束する

2007年02月24日

たつやんです。


昨日、日帰りで兵庫県に行ってきました。
西宮市で「働くお母さん」を対象にマインドマップの
セミナーの講師をさせていただいたのです。


西宮といえば、甲子園があるところで有名ですね。


「なんでまた、わざわざ西宮でセミナーですか?」
と、よく聞かれます(笑)。


このメルマガの読者さんだけに、こっそり裏話をすると・・・


実は、先月某所でマインドマップのプライベートセミナーを
開催した時に、たまたま西宮で働く女性を支援されている団体
「WORKING−MOM−NET」の代表の山中香織さんが
来られていました。


「WORKING−MOM−NET」は、女性が職場で、家庭で、
地域社会で太陽のように温かく、輝いていられるよう支援されて
いるコミュニティーです。


その山中さんから、

「マインドマップを使えば、家事や育児、そして仕事でいっぱい
いっぱいになっている女性でも、自分を見つめ直し、希望のある
未来の計画を作ることができますよね。

よかったら、西宮に来てセミナーをしてくれませんか?」

という素晴らしいお誘いを頂きました。(ありがとうございます。)


当日は、大学関係者の方をはじめ、教育関係の方や、教育に関心の
高い方がたくさん来られていて、ちょっと緊張しました(笑)。


おかげさまで、今回のセミナーをきっかけに、また新しいご縁も
生れそうです。次はどこかな?


今回参加された方が、どうやって日常生活にマインドマップを
生かしていくのか、とても楽しみです。
息長くフォローしていこうと考えています。


マインドマップって何?という方はこちら↓をごらんください。
        「マインドマップの小さな物語

 

私の場合はマインドマップですが、
このメルマガの読者のみなさんも「私は○○について伝えたい!」と
いう気持ちを少なからず持っておられることと思います。


この「私は○○について伝えたい!」という気持ちは、それが本気に
なったとき、大きなエネルギーを生み出します。


今回のインタビューの白石先生も
「NLPやバッチフラワー療法を本気で伝えたい。」と自分に約束(コミット)
したとき、不思議な力が働いたとおっしゃっています。


いったいどんな力が働いたのでしょうか?


「カウンセラーとして独立したいけど、場所がなかなか見つからない・・・」
という方は、特に必見です。

 

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<CONTENTS>━━
┃メンタルビジネスへのご招待<ダイジェスト版>
┃第11回目(2/4)

┃白石 由利奈 先生  SEEDS OF LIGHT

┃       (インタビュアー 長谷川 碧)

┃ 
┃ ◎編集後記「カウンセラー、セラピストのホームページについて」

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相互紹介・メルマガ広告について◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「本当にコミットしたときは、不思議な力が働くのかなと思いました。」

 

===================================
今回のインタビューは、バッチフラワー療法家、NLPトレーナー、
ライフトラックトレーナーの白石 由利奈(しらいし ゆりな)先生です。

先生は、バッチフラワーレメディ協会の代表でもあり、
株式会社シーズオブライトの代表取締役でもある上、NLP創始者
Richard Bandlerの米国NLP協会・日韓ディレクターである
A.スウィル先生とNLPを日本に広めるための活動もされてきた、多才な方です。

その活動ぶりとはうらはらに、ほんわかと柔らかな白石先生が「魔法の杖」と
おっしゃるNLPや、「電流が走る」出会いをされたバッチフラワー療法を
中心にお話を伺いました。


4回連載の第2回目になります。

   インタビュー完全版: 白石 由利奈 先生  SEEDS OF LIGHT





体に電流が走る、ビビッとくる出会い

2007年02月18日

たつやんです。


「幸せのベルは2度鳴る」の法則をご存じですか?


私が勝手に命名したので、人によってこの法則の呼び方は
さまざまですが、同じことを言う方は多くおられます。


何か一歩踏み出すのを悩むときってありますよね。


たとえば、

 ・海外留学に行こうかどうしようか?
 
 ・あの高額のセミナーを受けようかどうしようか?
 
 ・この会社に就職すべきかどうか? ・・・etc


人生において、一歩踏み出すべきか、踏み出さざるべきが
悩むような局面って、結構たくさんあると思います。


そんな時、みなさんはどうやって最終判断されていますか?
信頼する人に相談しますか、それとも自分でさんざん悩んで
決断を決めますか。

 


私なら、幸せのベルが2度鳴るのを待ちます。


どういうことかというと、何か一歩踏み出すかどうか迷って
いるとき、偶然の背中を押すような出来事が2回起こると、
それに乗っかるとうまくいくことが多いですね。


協力者が突然現れたり、全然関係ない人が背中を押してくれたり・・・


そんな「意味のある偶然」が2回起きると、世の中全体が
背中を押してくれているんだ、と解釈するようにしています。


もちろん、人それぞれの「決断の仕方」があっていいと思います。


・・・・


今回から、シーズオブライトの白石先生のインタビューを4回連載で
お送りします。


白石先生は、NLP、バッチフラワー、ライフトラックの3つの分野で
日本の第一線で活躍されている方です。


それぞれに出会いのきっかけがあったそうですが、
バッチフラワーは、「1枚のチラシを見て、体中に電気が流れるような
衝撃を受けた」出会いがあったそうです。


まさに、運命の出会いですね。


白石先生は、まさに「運命の出会い」を何度も経験されて、そのたびに
ステップアップを重ねてこられた方です。


どのように出会いを引き寄せ、自分の人生に取り入れていかれたのか
ぜひ↓をお読みになってください。

 

 

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<CONTENTS>━━
┃メンタルビジネスへのご招待<ダイジェスト版>
┃第11回目(1/4)

┃白石 由利奈 先生  SEEDS OF LIGHT

┃       (インタビュアー 長谷川 碧)

┃ 
┃ ◎編集後記「どうして私はバカなのか?」

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相互紹介・メルマガ広告について
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「誰もが自分だけの人生、そして使命や役割がある」

 

===================================
今回のインタビューは、バッチフラワー療法家、NLPトレーナー、
ライフトラックトレーナーの白石 由利奈(しらいし ゆりな)先生です。

先生は、バッチフラワーレメディ協会の代表でもあり、
株式会社シーズオブライトの代表取締役でもある上、NLP創始者
Richard Bandlerの米国NLP協会・日韓ディレクターである
A.スウィル先生とNLPを日本に広めるための活動もされてきた、多才な方です。

その活動ぶりとはうらはらに、ほんわかと柔らかな白石先生が「魔法の杖」と
おっしゃるNLPや、「電流が走る」出会いをされたバッチフラワー療法を
中心にお話を伺いました。


4回連載の第1回目になります。

   インタビュー完全版: 白石 由利奈先生 インタビュー





2007年02月18日

再びたつやんです。
昨夜遅く、ようやく原稿を一つ書き上げました。


その名も「どうして私はバカなのか?」


なんでバカなんでしょうね。私(笑)。


前回「心は頭にあるの?それとも胸にあるの?」をアップしたとき、
皆さんから頂いた感想の中で、


 <たつやんは男だし、子供もいないのに、よく女の子の話が書けましたね。>


というメッセージが多くありました。


今回、「どうして私はバカなのか?」を書き上げて確信したのですが、
どうやら私には男性を主人公にした話は書けないようです(涙)。


なんででしょうね。
男なのに(笑)。

 

どうして私はバカなのか?(マインドマップ物語)」は、←こちらでごらんいただけます。





置き忘れてしまってはもったいない

2007年02月10日

たつやんです。


今日は、インタビューではなくて番外編ということで。
(たまにはこんなスタイルもいいかな?)


先週の日曜日の話ですが、東京・日本橋でマインドマップの
1日セミナーを開催しました。


(参加された皆様、みっちり6時間、本当にお疲れ様でした。)


今日は、そのセミナーでやってしまった、私の失敗談(涙)を
みなさんとシェアしたいと思います


メンタルビジネスに関わる方で、セミナーを開催される方、
あるいはセミナーによく参加される方のお役に立てる話かと
思いますので、参考にしていただけると嬉しいです。


まぁ、失敗談なので、本当は公開するのが恥ずかしいのですが・・・

 

さてさて、


マインドマップってご存じですか?

そのマインドマップの基本的な描き方から、応用法、発想法を
丸一日かけてお伝えするセミナーを開催しました。


セミナーでは、レジュメの他に

 ・紙コップ
 ・10色の色鉛筆と24色のカラーペン
 ・スケッチブック

を各自に用意させていただきました。
ちなみに、紙コップはペンや色鉛筆を立てるペン立ての代わりです。


講座では、大きなスケッチブックを広げて、カラーペンを使って、
みなさんに思い思いのマインドマップを描いていただきました。


それはそれは、みなさん個性的で、見ているだけでも楽しくなる
ユニークなマップを描かれていました。ホント素晴らしかったです。


で、なんとか無事にセミナーは終わったのですが、
問題はそこからでした(汗)。


受講者の一人が、帰りのお買い物で東京駅の大丸にスケッチブックを
置き忘れて帰ってしまわれたとのこと。


う〜む・・・完全にこちらの手配ミスです。


それを翌日聞いて、「事前にスケッチブックを渡すことをアナウンス
するか、持ち帰り用の袋を用意しておくべきだった」と反省しました。

 

せっかく素晴らしい作品を描かれたスケッチブックですから、ぜひ
とも本人の手に戻してあげたいわけです。


幸い、うちのオフィスも東京駅の近くですから、大丸まで行って
忘れ物のスケッチブックを引き取りにいくのは楽勝でした。


地下のお総菜屋さんのお姉さんに「忘れ物をしたのですが・・・」と
言うと、わざわざ「忘れ物扱い所」まで一緒に案内してくれました。


そこで、忘れた日時を言うと、「これですか?」と言ってすぐに
返してもらうことができました。


「無事に見つかって本当によかったよかった。」
そう思ってすっかり安心していたのですが、その後更なる
失敗(失態?)をしてしまったのでした・・・。

 

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<CONTENTS>━━

┃<特別編> 「置き忘れてしまっては、もったいない」

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相互紹介・メルマガ広告について
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今日は、いつものインタビュー形式ではなく、ちょっとした
エピソードをお伝えしています。

いつものインタビューをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

 メンタルビジネスへのご招待(インタビュー)


次回は、「シーズオブライト」の白石由利奈先生のインタビューを
お送りします。
===============================


・・・冒頭の話の続きです。


無事、受講者が忘れたスケッチブックを取り戻したのですが、
本当の失敗はこの後でした。


その後、一息ついて、地元のマクドナルドでお茶をして家に
帰ったのですが、家に帰って気がつくと、取り戻したはずの
スケッチブックがない・・・・。


そうです、今度は私がスケッチブックをマクドナルドに
置き忘れてきてしまったのです(恥)。


せっかく忘れ物を取りに行ったのに、その取ってきたものを自分で
忘れてしまっては、意味がありません。


受講者がどこかに置き忘れるのも無理ないなと思いました。
まぁ、自分も置き忘れているわけですから。


その話を、うちのスタッフにしたら、思いっきり笑われました(涙)。
・・・・私も、他人事だったら笑っていたと思います。


スタッフに思いっきり笑われて、悔しい思いをしながらも、
「なぜスケッチブックのような目立つものを置き忘れてしまったのか?」を
真剣に考えてみました。


・・・


いろいろ理由はあると思いますが、一つは「普段持ち歩いていないもの」
を持っていたからだと考えられます。


例えば、なぜか昔から使ってるボロボロの傘は置き忘れないけど、
新しく買ったピカピカの傘は、すぐに置き忘れてなくしてしまうことって
ありませんか?


・・・


傘やスケッチブックだけではありません。


例えば、メンタルビジネス関連のセミナーに出て、講座が終了した直後は
「よし、私も明日から頑張るぞ!!」って熱い想いを胸に抱えて帰るのに
翌日になったら、その熱い気持ちは消えていた・・・


なんてことも、ありませんか?


これも「普段持ち歩いていないもの(考え方)」を急に持ったために
消えてなくなってしまったのかもしれませんね。


でも、せっかく多額の時間とお金を投資したのに、結局何も
変わらなかったのでは、もったいない話です。


・・・


さて、ここでメンタルビジネスのプロである皆さんに質問です。


みなさんがセミナーを開催される際、あるいはセミナーを受講される際、
そこで学んだ効果を持続・発展させるために、どのような取り組みを
されていますか?


  よかったら、皆さんのアイディアをメールしてください。
  seminar@jcounselor.net (@は半角に変換してください)
  

ちなみに、前回のうちのマインドマップセミナーでは、
こんな取り組みをしています↓


  <あなたの「素敵」引き出します>
  ↑コーチングの講座をされているランシャスひなさんのブログです。
  ひなさんは、企業向けコーチもされているスペシャリストです。


ぜひぜひ、みなさんのアイディアを聞かせていただければと思います。
素晴らしいアイディアがあれば、当メルマガでお伝えさせていただきます。


そうそう、
マクドナルドに忘れたスケッチブックは、翌日無事回収して、
ご本人にお渡しすることができました。(ほっ。)





ようこそ
「バックナンバー目次」
(↑ここをクリック)


このブログは、メルマガ「売れる!ネットカウンセラー成功講座」のバックナンバーがメインです。
ブログを読んで気に入ったらメルマガも登録してくださいね。


(「Ctrl+D」でもお気に入りに追加できます)
プロフィール
倉橋竜哉(たつやん)
仕事では、皆さんから「たつやん」と呼ばれています。

私は以前、インターネットショップのコンサルタントをしていました。

化粧品や雑貨などの販売店が運営するネットショップをサポートするのが当時の私の仕事です。いくつかのインターネットショップのサポートをする中で、ある恋愛専門のカウンセラーから「カウンセリングをネットでできないの?」と言われたのが、そもそものネットカウンセリングとの出会いでした。

その恋愛カウンセラーのために、実際にネットカウンセリングのサイトを立ち上げて運営していく中で、恋愛相談だけでなく「どうやったらネットカウンセラーになれるの?」というお問合せもいただくようになりました。

 「ネットカウンセラーとして独立開業したいという人がいる。そして、ネットカウンセリングサイトを立ち上げた私の経験が求められている。」

そう感じた私は、メールマガジン「売れる!ネットカウンセラー成功講座」を発行し、ネットカウンセリングサイトを立ち上げる経緯で得たノウハウ、経験、そして多くの失敗談を皆様にお伝えしてきました。

メルマガを発行していると、「実際にネットカウンセラーとして独立するためのサポートをして欲しい」という声をいただくようになり、日本ネットカウンセリング連絡会を立ち上げました。日本ネットカウンセリング連絡会とはネットカウンセラーのビジネスを支援している団体です。

また、お客様向けの窓口として様々な分野のカウンセラーが集まったカウンセリングポータルサイト「さぱりメント」を運営しています。

おかげさまで、さぱりメントでは各専門分野から20名以上のカウンセラーをはじめ、コラムニスト、メルマガ発行者、掲示板やブログの運営者、レッスンプログラム提供者、セミナー講師など多くの方が参加し、活発に活動するコミュニティーになりました。

プライベートでは、山登りやキャンプ、パラグライダーなどアウトドアで活動することが大好きです。初対面の集まりでも割と楽しく参加できる方なので、アウトドアのイベントなどありましたら気軽にお誘いいただけると嬉しいです。
リンク集
恋愛相談カウンセリング
おすすめメルマガ
今すぐ登録しよう!
無料メールマガジン

「売れる!ネットカウンセラー成功講座」

メールアドレス:


メールマガジンまぐまぐ
当講座では、ネットカウンセラーとして、独立・開業して収入を得るための「売れる」「稼ぐ」方法について講座を連載していきます。

在宅ワークとしてや個人で独立してカウンセリングを行う方におすすめです。少ない予算で誰でもすぐに始められる秘伝の方法をご紹介します。


さぱりメント文庫
ド素人のためのネットカウンセラー超入門
ネットカウンセラーとして独立するにあたって、失敗しないための独立開業のステップを紹介しています。まったくの初心者でも一番最初に何をすべきかがわかります。



未来のトップカウンセラーに贈る10の手紙
ネットカウンセラーとして独立開業する際、トップカウンセラーになるためのメソッドや絶対に押さえておきたいポイントを10つのメッセージに分けてご紹介します。